ソシンロウバイ(素心蝋梅)

植物分類
ロウバイ科
園芸分類
学 名
Chimonanthus praecox f. concolor
英 名
別 名
原産国
栽培育成地
用 途
植付け時期
花 期
花径
草丈  
cm
花言葉
栽培特性
説 明
雌雄異株であり、雄花は2本のおしべが目立ち、長い花糸が突出し、葯が目立ち、めしべは頭が出る程度。雌花は、めしべが発達して突出するとのこと。花冠は4裂し、反り返る。良い香りがあります。
ヒイラギは魔よけに使われます。イワシの頭などの臭いの強いものを葉の棘に差し、鬼門や戸口に飾るのであるが、今では廃れてしまった。ヨーロッパにも同じような習慣があるらしく、クリスマスの飾りとして生き残っている。クリスマスケーキなどによく使われる赤い実のついたセイヨウヒイラギの飾り物はそのような風習がクリスマスに取り込まれたものといわれている。
備 考
販 売